釣りキャン初心者が最初に買うべき『リール』はこれだ!

釣りキャンのはるパパです。

前回記事にて、最初に買うべき『竿』
についてお伝えしましたが、
今回は、続いてこれまた重要な『リール』
について、ご紹介していきますね(^^♪

その前に前回記事を読んでない方は…先に!

それでは早速本題に入っていきますよ!

リールって実は2種類ある!?

実はひと言でリールといっても、
大きく2種類がありまして、

  • スピニングリール
サイズも色々あるスピニングリール
  • ベイトリール
カッコ良さ抜群のベイトリール

恐らく皆さんがすぐイメージするのは、
スピニングリールだと思います。

ここでベイトリールを想像したアナタ…
なかなかオシャレさんやないの~❤
実ははるパパもベイトリールが大好きです。

この2種類の大まかな長所と短所をご紹介しますね。

スピニングリールの長所と短所

【ストロングポイント】

  • ベール起こして投げるだけ。とにかく扱いが簡単!
  • 軽いルアーやエサでも良く飛ぶ
  • 初心者は絶対コレ1択。

【ウイークポイント】

  • 巻き上げ力はベイトに劣る
  • 構造上、糸に撚りがかかっていく
  • 糸グセがつくと投げにくくなる
我が相棒のスピニングリール達

基本的なイメージは、少し力が弱いけど、
何でもできる器用なヤツ!

そんなイメージで良いと思います。

基本はパワーがないのですが、
最近のリールは凄いです。
はるパパが使ってる
ソルティガ(画像右上の青いゴツイやつ)
なんてパワーの塊ですよ。
(約10万円と高価ですがw)

ヒラマサの1m級はコイツじゃなきゃ、
磯ではまず巻けません。

海釣りでも基本はどんな釣りでもスピニングリールです。

それくらい誰でも認めてる万能選手ですね。

ベイトリールの長所と短所

【ストロングポイント】

  • とにかくカッコいい!
  • トルクがあり、スピニングより明らかにパワータイプ
  • 巻き上げもラクちん

【ウイークポイント】

  • 投げた時、サミングという親指で回転を抑える動作をしないとバックラッシュで悲惨な運命に
  • パワーはあるけど、軽いルアーやエサが飛ばない
左:根魚遊び用、右:イシダイ釣り専用

まぁ正直なところ、
極端にパワーが必要な釣り以外なら、
無くても大丈夫です。

たいていの釣りはスピニングリールだけで全然OK。

ただとにかくカッコいいし、慣れると
「投げてるだけでも楽しくなってくる」
のがベイトリールなんですよね。

なんですかねー。
男ってどうでも良いトコに
ロマン感じたりするじゃないですか。

人と少し違ったスタイルを求める人には
自信をもってオススメしますが
万人受けするタイプのリールではありません。

はるパパの1軍メンバー

そんな長所と短所があるリールですが、
「じゃガチンコ釣り師のはるパパが使ってるのは?」

って話ですが、これはさすがに釣りモノによって
分けてます。

色んなターゲットに合わせてリールも幅広く

はるパパの場合、年中色んな旬の魚を追ってますからね。
初心者のアナタがこんなに揃える必要はありませんよ!

基本は竿選びと同様に
『汎用性の高い万能選手を1個だけ』
が良いと思いますよ。

だって、いきなりイシダイ用のリール(↑画像右上のゴツイやつ)
なんて、ホント石鯛しか狙えませんから。
(1キロ弱あるから重すぎて…w)

高級リールが釣りキャンに必要なのか?

もう1個大事なことをお伝えします。

あまり変なこと言うとメーカーの人に怒られそうですが、
同じスピニングリールでも、

シマノ ステラ
ダイワ ソルティガ

この2機種は、10万円級の最高モデルとして、
不変の地位を築いています。

じゃそんな高級リールが必要なのか??

アナタのために、はっきり言いますよ!!

小物釣りに高性能リールはいらない!

これマジです。

正直な話、1mクラスのヒラマサだったり、
50~60センチ級の尾長グレ、
4~5キロクラスのイシダイ…

こういった超強力なパワーファイターとの対決では、
絶対に高級リールが有利になります。
はるパパも
大物用は竿・リールともに最高級品を使ってます。

だって…
そもそも安いリールじゃ
糸を巻けないくらいヒキが強いですから。

でも逆にそんな大型魚を狙わない釣りにおいて、
高級リールって…
オーバースペックの自己満足の世界なんです。

当ブログではるパパが皆さんにお伝えしたい釣りは、
そこまでガチンコな世界ではありません。

あくまで、

キャンプのスパイスに『釣り』やってみませんか?

ってスタイルなので。
その延長線上に、ガチンコな釣りに興味を持って頂ければ、
それはこの上ない幸せですけどね。

※ガチンコな釣りに興味がある方は問い合わせフォームへどうぞ♪
詳しくお教えしますよ。

どちらかというと、もっとライトに、
キャンプの合間に
子連れでも楽しめるような、
そんなゆる~いスタイル
を考えてますので、
そんな高級品は要りませんよ。

その分、長く使うキャンプグッズに
お金を回してもらったほうが良いですし、
キャンプで食べる食材のグレードでも上げて下さい‼

高い道具より、ウマい肉のほうが家族も喜びますしねw

それでは、今後お伝えしていく、

手軽な釣りキャンに最適な『手軽な釣り』
を視野に入れたうえで、
一番スペック的にも、価格的にも手頃なヤツをご紹介しますよ。

最初に買うべきリールはコレ!

だいぶ前フリが長くなりましたが、
最初に買うべきリールのスペックとしては、

  • スピニングリール
  • ダイワ2000番クラス、シマノ2500~3000番クラス
  • PEライン1号を150m巻けるラインキャパ
  • 絶対に海水使用OKのヤツ(サビたらシャレならんし)

はるパパの1軍メンバーの中でも、
このクラスが一番使用頻度が高いです。

いわば何でもできるヤツですね。

ちなみにリールは基本的に

『シマノ』or『ダイワ』の2択だと思ってください。

はるパパは昔っからシマノ派でしたが、
ダイワのプロのテスターさんとも
釣りに行ったりするので、
気を遣ってダイワの最高峰機種ソルティガを
ヒラマサ用に買ってみましたが、
これがモノ凄く良い!

正直どちらのメーカーさんも
性能は素晴らしいので、
あとはデザイン的な好みで選んでOKかと。

ってことでオススメは2メーカーそれぞれご紹介しておきます。

シマノ 
アルテグラ2500HGS

釣りキャンで想定してるチョイ釣りには、
ちょうど扱いやすいスペックだと思います。

アルテグラ自体も、
昔っからあるコスパ重視の定番モデルで、
長い歴史がありますよ。
(昔は8000円くらいだったと思うが…)

ダイワ 
フリームス LT2500S-XH

シマノのアルテグラと同じくらいの
ポジションにあるのが、
このフリームスですね。

はるパパが中学生の頃、
このフリームスを使ってた頃がありますが、
当時と比べると、かなり性能上がってますねー。

当時は1万円切るくらいでしたが、
性能も上がってる分、少し値上がりしてますけどw

昔と違って、各メーカーで
入門クラスのシリーズにかなり力を入れてる
のは事実ですよ。

ということは、言うまでもなく、
一番コスパが良いのは、このクラスなんですよねー。

シマノ、ダイワともに、
今回ご紹介した2機種なら
後悔することはないと思いますよ。

迷ってる方は是非、今回の記事を参考にしてもらえたら幸いです。

どっちか選んで!!と言われれば…
個人的にはこの価格帯ならシマノ派。

ってな具合で、今後もユーザー目線の
釣りキャン情報を充実させていきますね。

それじゃまた、次回もお楽しみに♪

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

↑↑ キャンプ好きの方は
ぜひ応援クリックお願いします!
(ブログを続けるモチベーションになります。)

釣りキャン公式Twitterも始めました!
⇒釣りキャン公式Twitter

フォローしてやって下さいm(__)m


コメント

タイトルとURLをコピーしました