知らないと大損!?キャンプを全員で楽しむコツを伝授します。

釣りキャンのはるパパです。

今回は、個人的に少し思うところがあるので、
はるパパがキャンプをみんなで楽しむコツをサクっと紹介しますね。

これを心掛けるだけで、
かなり全体の雰囲気が良くなりますので、
これからのキャンプシーズンの参考にしてみてください。

それじゃ早速どうぞ~(^^♪

キャンプは全員が楽しむもの

はるパパはよく友達家族や同僚との
キャンプのお世話係をやってます。

そんな私がキャンプをお世話するときに
気掛けてることの1つに、

『キャンプは全員が楽しまなくてはダメ』

ってポリシーがあります。

ガチンコキャンパーと一般の人が
一緒にキャンプするとよく見る光景が、

『1~2名だけ黙々と準備』
『その他大勢は何をして良いか分からず…』

これじゃせっかくのキャンプも
楽しさ半減ですよね。

どうせなら、全員で楽しくキャンプしないとねー。

ってことで、
はるパパがよく使う
キャンプ幹事テクニックをいくつか紹介しますね。

全員参加型キャンプのコツ

準備段階から何かの役割を与えよう

キャンプって料理材料の買いだしから、
当日の色んな手配まで、
ホント幹事の役割って大変です。

そんなのを1人でやってたら、
アナタ自身も楽しめるものも楽しめません(^^;

そう、その役割をしっかり振ってやることこそ、
幹事の役目なんです。

例えば…

Aさん⇒BBQの肉買ってきて❤
Bさん⇒BBQの野菜買ってきて❤
Cさん⇒キャンプ場の予約しといて❤
Dさん⇒飲み物買ってきて❤

みたいな感じで、
キャンプ参加者全員に
何かしらの事前準備をお願いしましょう。

「え~お願いするのは、気が引けるな…」

なんて思った方、大間違い!

みんな何かをやりたくてウズウズしてます。
しっかり役割を振ってあげてください。

当日に調理の作業を小分け

これも色んな人に振ってあげると
みんな喜びますよ。

はるパパは、
よくダッチオーブンでピザを焼いたり、
ローストチキン焼いたりするのですが、

食材をダッチオーブンに入れるまでは、
色んな人に作業してもらいます。

ピザ1つにしても

  • 生地をこねて寝かせる人
  • 生地を伸ばす人
  • トマトソースを伸ばす人
  • 具材を散らす人
  • チーズをのせる人

こんな感じで、作業を細分化して、
みんなで楽しんで作るんですね。

子どももこういう作業は特に喜びますよ!

「ぼくが作ったピザ!」
「ワタシが作ったピザ!」

この1つ1つをみんなでやることが
キャンプの醍醐味でもありますね(^^♪

失敗しても絶対にディスらない

これはホント大事です!

どんなに楽しいキャンプも、
嫌な思いをする人がいたら、台無しです!

幹事なら人の失敗をユーモアに変えて
フォローしましょう!

もし食材を落としたなら…
⇒アリさんにご飯あげたんだねー。

味つけが薄かったら…
⇒大自然の中で、健康的な味だねー。
オレ薄味好きだわー。

料理がこげたら…
⇒少し焦げ目があったほうが香ばしくて美味しいよねー。

こんな具合で、何事もプラス思考で(^^♪
味つけなんて、外で食べるのが一番の調味料ですから(^^)/

遊び心を忘れずに

これもオススメなんですが、
常に遊び心を忘れずにキャンプを楽しみましょう(^^♪

例えば、ピザにカオを書いたり、
ロシアンルーレット的に1個だけ激辛があったり。

キャンプって結局はオトナの遊びの延長です!
そこを忘れることなく(^^♪

これでアナタもキャンプマスターへ

はるパパのキャンプ幹事テクニックいかがでしたか?

別に大したことはやってませんが、
こんなことを気がけて幹事をすると、
毎回キャンプがより楽しいものになるかもですよ~。

1人でモクモクと準備してたキャンパーの方、
他の参加者も役割を求めてますので、
ぜひ実践してみて下さいね(^^♪

きっとアナタのキャンプが最高にハッピーなものになりますよ(^^♪

ではまた~。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

↑↑ キャンプ好きの方は
ぜひ応援クリックお願いします!
(ブログを続けるモチベーションになります。)

釣りキャン公式Twitterも始めました!
⇒釣りキャン公式Twitter

フォローしてやって下さいm(__)m


コメント

タイトルとURLをコピーしました