釣りキャンで高級根魚乱舞!初心者のための7ステップ(後編)

釣りキャンのはるパパです。

前回記事に引き続き、

釣りキャンプ初心者の皆さんが、
これをそのままやってもらうだけで、
高級根魚が釣れる!!

魔法のような記事の続きです。

それでは早速どうぞ(^^♪

釣り方はカンタン!たった2つを守るだけ。

仕掛けを準備できたら、あとは釣るだけですね。

釣り方もチョー簡単。

基本はたった2つを守るだけです。

しっかり底をとる

まずリールのベールをオープンにして、
ルアーを大海原にブン投げます。

オープンベールで投げよう

いかに遠く飛ばすか…
ルアーの遠心力をイメージしながら飛ばすとよいでしょう。

投げたら、PEラインがどんどん引きだされていきます。
ルアーが底を目がけて、沈んでる証拠です。

引きだされるうちは、どんどん送って下さい。

そのうち、糸がフッと緩みます。
そう、その時がルアーが底についた状態です。

これで第1関門クリア!

①竿を上に煽る②リールを巻きながら竿を水平に戻す③再び底をとる

はい、底さえ取れればあとは、ひたすら単純作業でOK。

キホン的な竿角度は、時計でいう3時~12時。

①3時の角度で底取りを確認したら、
 そのまま12時の方向に、竿を煽りましょう。
(ワキを締めたままです。)

②竿を煽ったら、リールを巻きながら再び3時の方向に戻します。
(糸フケを巻きとるイメージでOK)

③再び底取りです。(糸がたるむまでそのまま)

④底が取れれば、また12時方向に!

という繰り返しになります。

これをひたすら繰り返すことで、
水中ではこのような動きに!

底近くをリフトフォールすることで誘いになります

たったコレだけで釣れますからね~w

高級根魚はキホン的に
底近くにいますから、

この釣り方が一番理にかなってます。

アタリ~アワセ~取り込み

アタリ~アワセ

このリフトフォールを繰り返すうちに、

コツコツ!
ガガッ!
ギューン!

といったアタリがでます。

アタリが出たらアワセを入れましょう。

アワセの方法は、瞬間的に竿を後方に引きます!

ワキを締めたまま、
先ほどの時計の10時方向に竿を引きましょう。

慣れるとこの瞬間がたまりません!

しっかりアワセが決まれば、
根に潜られないように、
ガンガンリールを巻いちゃってください!

ホントゴリゴリ巻いていいので、
気合いを入れて一気にいきましょう!

取りこみ

キホンは、足元まで巻いてきて、そのまま抜きあげます!

はるパパも40センチくらいまでの魚は、一気に抜きあげますよ(^^♪

50センチクラスのオオモンハタ

↑こんな大型の高級根魚も釣れますからね。

これもワームを投げてリフトフォールしただけで釣れた魚です。

釣り場の見極め方

あくまで今回は、
キャンプの味つけとしての釣りをオススメしてますので、

キャンプのついでにちょっと立ち寄るような手軽な釣り場をご紹介します。

防波堤は沖向きを狙うべし

防波堤は外向きがオススメ

港町に必ずある『防波堤』。

実はここは初心者釣りキャンパーに、
かなりオススメ
なポイントです。

基本的に足場が良いので、家族でも安心。

磯となると、本格的な装備が必要ですが、
防波堤は基本的にフラットで安全なので、
比較的ライトな装備で大丈夫。

ポイントは沖向き。

沖には、地形の変化があったり、
潮が走るポイントがあったりと
釣れやすい条件が揃ってます。

できるだけ潮通しの良いポイントにいきましょう。

問合せは遠慮なくどうぞ★

いかがでしたか?

釣りに少しでも興味をお持ちのキャンパーさんの参考になれば幸いです。

ホントこの釣りは非常にカンタンなので、オススメですよ。

ただ、ブログ記事だけでは、
すべて触れることは難しいので、

『○○の部分がよく分からない』

なんてご相談は、問い合わせフォームより遠慮なくお申し付けください。

今後も

『釣りをキャンプの極上のスパイスに』

をテーマに有益な記事を出していきます。

どうぞお楽しみに!

前編はコチラ↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

↑↑ キャンプ好きの方は
ぜひ応援クリックお願いします!
(ブログを続けるモチベーションになります。)

釣りキャン公式Twitterも始めました!
⇒釣りキャン公式Twitter

フォローしてやって下さいm(__)m


コメント

タイトルとURLをコピーしました